使わなくなったスマホはナビとして使える

 ナビはとても便利なものです。私たちが道を知らなくても、道を教えてくれます。そして、ナビは今ではスマホでできるようになりました。実は、スマホでナビをするというのは家に余っているスマホでも可能なことなのです。必要なものは十分なストレージです。

 これは、グーグルマップの『オフラインマップ』という機能を使います。

 このオフラインマップは、当然ですがインターネットがない環境下での使用が可能です。さらに、オフラインマップでは経路を調べることもできます。この機能があるから、使わなくなったスマホ、すなわち外でインターネットを使うことができないスマホでも本来のスマホと同じように外でナビを使えます。「オフライン」ですから。(ただ、一番最初に地図を導入するときはインターネットにつなぎます…)

 必要のなものは十分なストレージということですが、私がオフラインマップで取られている容量は1.2GBほどです。オフラインマップをダウンロードする範囲が広いほど容量も多くなるのですが、さすがに私のように1.2GBもダウンロードする必要性は全くなく、700MBほどの範囲で十分だと思います。

 主な手順は次の3つです。(アプリのバージョンや端末によって異なる場合があります。)

①右上のGoogleアカウントをタップ
②『オフラインマップ』をタップ
③地図を取得する範囲を手動で選択できます

 ③のような範囲のマップをダウンロードしたときの容量は470MBですね。

 オフラインマップについてのその他の詳しいことは、Googleのサイトをご覧ください。

https://support.google.com/maps/answer/6291838/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%92%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%82%8B-android?hl=ja

 欠点はやはりスマホを2台も持ってサイクリングに行くのは面倒だし、なんか紛らわしいという点でしょう。その場合はスマホホルダーを使う手もあるかと思います。そうすればバッグやポケットに入れるスマホは残ったもう1台だけになります。ですが、スマホホルダーというのはスマホを外に丸出しにすることになるので、「夏、直射日光が当たるような環境下で使用しちゃって…スマホがオーバーヒートして大変なことに…」という可能性が高いです。

 しかし、スマホホルダーの使用はそれ以上にマズいことがあります。それは法律上の問題に発展する可能性があるということです。スマホを外に出した状態で自転車を運転するのは、たとえそれがスマホホルダーの場合だとしても結構グレーゾーンだったりするそうです。

注意

 法律や条例によっては自転車の運転中にスマホを外に出してナビとして使用することは違法行為とみなされることがあります。

 スマホをポケットなどにしまい、イヤホンなしで(←重要)音声ナビのみの使用をする、または停車するとき以外はスマホをしまっておく、というような使い方がいいと思いますが、私は法律に関してはあまり詳しくないので、ここに書いた「法律が~」というのはできるだけ疑うようにしてください…m(_ _)m

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA